医者の仕事と収入

医者の仕事と収入

 

医者は高収入の仕事というイメージが定着していますが、果たして実際のところはどうでしょう。医師のボーナスを含む推定年収は1,000万円を超え、平均月収は88万円ほどであるという、統計資料もあるそうです。高収入の仕事であることは事実のようですが、その実態は年齢や勤務状況によって大きく異なるようです。

 

国家試験にパスしたばかりの研修医は、やはり高収入とはいえません。過去の研修医の月収は10万円以下という場合もあったそうです。2004年度からは月収30万円程度になるように、国からの勧告があります。研修医を終えて一人前の医者になると、収入は急激にアップします。

 

大学病院に入るか、民間の病院で勤務するか開業医になるかによっても変わってくるのが医者の収入です。医者と一口に言っても、診療科によっても収入は差があり、外科系が高収入の仕事となり、歯科や眼科は低額の傾向があります。

 

30代に入るころ、どんな形で仕事をするかで高収入になるかは異なります。高収入の仕事として、開業医として成功すればやりがいを感じるかもしれません。医者の仕事は50代から年収が伸びなやむため、一般企業のエリートサラリーマンのほうが最終的には高収入になる場合もあります。