新卒者の就職偏差値

新卒者の就職偏差値

就職偏差値という数字で就活生が就職活動時に求められる能力を表すことがあります。

 

就職偏差値の考え方は、大学受験の時に自分の学力偏差値に基づいて入学可能な大学を判断したときと同様です。どのくらい就職偏差値があるのかを参考に、入れそうな企業を見定めるといいます。出身大学、能力特性、一般教養、コミュニケーション能力などいろいろなスキルが、就職活動で内定を勝ち取るためには必要です。

 

数値化したものが就職偏差値であり、平均を50とした上で、平均より優れているか、劣っているかを数値化します。

 

かなり優秀な位置といえるのは、偏差値60以上の場合です。就職偏差値を測定するサービスを取り扱っている企業もあり無料で就職偏差値テストが受けられます。

 

就職偏差値テストを受けることで業界への適性、分野ごとの点数結果などを知ることができます。実際に就職活動をするときに、自分を客観的に見ることが就職偏差値テストによって可能になるでしょう。さらに役立つのが就職活動をするときにどんな企業を選ぶかということを決める場合です。

 

経験や資格があるかどうかが、とくにIT企業の場合には他の業種より重要視されるので、就職偏差値が役立つといわれています。企業が求める人材はその会社ごとに違うため、就職偏差値が高ければ有利と一概には言えません。そうはいっても就職活動において就職偏差値がひとつの参考になると言えるのではないでしょうか。