30代からの転職と、仕事の情報を入手する方法

 

30代からの転職

 

転職を考えるときに年齢が30代であった場合にはどのように求人を探したら良いのでしょうか。30代の転職は年齢との戦いです。30歳と29歳では思った以上に転職市場での評価が変わります。求人条件に年齢が絡むことは、かつては普通のことでした。

 

法律の改正で表向きには年齢で求人を行うことは難しくなりましたが、企業側も若い人がなるべく応募してくるような求人広告を考えていたりします。

 

募集年齢が明記されていなくても、求人内容を読んで、求めている人材の年齢の幅を推測することも必要です。30代での転職が無理と言っているわけではありません。30代になってからでも、年齢やスキルに合致した求人を探し出して応募することはできます。

 

30代からの転職では何を一番のアピールポイントにするかがカギとなります。一つの分野の資格やスキルだけは誰にも負けないという強みを一つは持っていることが重要です。

 

20代の頃にどんな働き方をしていたか、転職に際して改めて考えてみましょう。そして自分の持ち味を発見することが大事です。同僚にアドバイスしてもらったり、相談してみるのも良い方法です。30代では、30代にしかない強みがありますので、その点を全面的に押し出せば20代と差をつけることができます。転職活動をしたい30代は、不可能な話ではありませんので、挑戦してみてください。

 

 

30代の転職のコツ

転職を30代ですることはけっして簡単なことではありませんが、上手に転職活動ができれば不可能ではありません。30代で転職するためのコツはあるのでしょうか。これまで蓄積してきた技術やスキルを自己PRに生かすことが、30代の転職活動のコツです。

 

今の会社やこれまでの仕事でどんな経験をしてきたのかを具体的にアピールしましょう。営業の仕事をしてきた人なら、契約数や、どんな成績を上げてきたかなど、イメージしやすい表現を使いましょう。

 

1人で成し遂げたものが具体的な表現できないという人もいるでしょうが、グループ単位で行ってきたことでも言及することができます。チームの一員としてどんなふうに自分が貢献したかをアピールできれば良いのです。企業秘密を安易に漏らすと信用を失いかねませんので注意しましょう。

 

胸を張って語れる業績ばかりではないということもあります。マイナスからどうやってプラスに転じたかなどのストーリーは30代の転職に効果的です。既に社会人として働いているということが、20代にはない、30代の転職活動のポイントです。30代で転職を成功させるためには、今までどんな職歴を持っていて、転職後も戦力になれることを相手に納得させることです。

 

 

30代の転職の注意点

30代で転職をする場合には20代や学生とは違い気を付けなければならないことがあります。採用を考えている企業は30歳ともなれば社会経験や社会の常識があると思われています。そのため、採用面接では、30代相応の受け答えができ、30代相応の経験や技術を示せるようにすることが大事です。

 

採用担当者はたくさんの面接をしてきていますので、適当な返答はすぐにぼろが出てしまうでしょう。服装や装飾品、道具類についても、30代の転職では気をつけなければいけません。身につけているものにくたびれた感がないようにしましょう。

 

いくら何でも着古したスーツにネクタイでは、相手の抱く印象も大きく変わってしまうものです。30代として些細なマナー違反をすることがないように、面接の前にはマナーの復習もしておいたほうが良いでしょう。

 

30代からの転職における面接では社会問題などについても考えを聞かれることが多いようです。30代であれば、世の中の動きはある程度知っていて当たり前といえます。普段からしっかりと新聞などに目を通し、時事問題にも関心を持つように心がけましょう。

 

やる気と意気込みだけでは、30代の転職は成功しないでしょう。最低限の要素として、30代になってからの転職では、社会で仕事をする上で必要なマナーや、常識感覚を有していることが求められます。