社会保険労務士、中小企業診断士の仕事と収入

社会保険労務士、中小企業診断士の仕事と収入

 

社会保険労務士の資格を活かした仕事は、いずれも高収入という印象があります。社会保険労務士とは、社会保険や労務管理の専門知識を持った人です。独立してもいいですし、社労士事務所を開業したりできますし、金融機関でも重視されています。

 

資格を仕事にどのように反映しているかは人によって様々で、高収入かどうかも仕事によって異なります。社会保険労務士の平均年収は760万円という資料があります。高収入というからには、もっと高いものと思われがちです。実際に仕事をしている人の収入は450万〜3000万円と大きく開きがあるようです。社会保険労務士は、資格があれば収入が増えるというものではなく、どんな働き方をするかが重要であるといえるでしょう。

 

社会保険労務士の資格を得て働いている人には、会社勤めの勤労社労士と、開業している開業労務士がいて、両者には大きな差があります。高収入になるのは独立開業をする場合の社労士です。大小様々な企業と取引をして、顧客数を増やして仕事が増加すれば、高収入になっていくというパターンが多いようです。

 

高収入の仕事をしている社会保険労務士も実在します。社会保険労務士であれば高収入の仕事になるとは単純に言い切れないというのが現状のようです。

 

高収入の仕事をしたいという理由で、中小企業診断士の資格取得を目指す人は少なくないようです。

 

中小企業診断士の仕事は、中小企業が抱える経営的な問題に対してアドバイスをすることです。

 

企業の成長戦略の策定や実行のためのアドバイスを行います。資格試験は年に1回実施されており、難易度の高い国家資格として知名度の高い資格です。通信教育や資格取得のために通う学校の紹介では、中小企業診断士の資格は年収1000万円にも届く仕事をすることができる人気の資格であるとなっています。年収1,000万円が高収入かどうかは判断が分かれるところかもしれませんが、業務の幅が広い資格であるため、平均年収は余り参考になりません。

 

年収が3,000万円を越える人もいますが、多くの人は年収450万円程度のようです。中小企業診断士の事務所を独立開業することで高収入を得ている人もいます。多くの中小企業診断士の収入が高収入かどうかは、勤務している会社次第といえるでしょう。

 

ただ、普通のサラリーマンよりは福利厚生などの待遇面は優遇されている仕事が多いようです。今後残っていくことができるかは、中小企業には死活問題といえるでしょう。そんな中での中小企業診断士は、現時点では高収入の仕事にならずとも、ニーズのある将来性の高い資格であるといえます。