仕事のストレスの原因と就職活動を成功させるためのアドバイス

仕事のストレスの原因

 

仕事をしている人でストレスをまったく感じないという人はいないと思いますが、あまりにもストレスが増えると体を壊してしまうこともあります。人は仕事上の何が原因でストレスを感じるのでしょうか。仕事上のストレスの原因で一番多いのは人間関係です。

 

人と人との関係がストレス源になること自体は珍しい話ではありませんが、最近では人との関係性でも新しい問題がてぎています。雇用の不安定化や非正規労働者の増加により持続的な人間関係を築きにくいのもその原因のひとつです。

 

パソコンを使った仕事をする機会が増えたことから、個々人が割り振られた仕事をするようになっています。専門作業が増えたことによって、課内で互いにフォローをすることも困難な状況です。成果主義により個人の成績を問われることが多いのもストレスの要因となっているようです。

 

基本的にあいさつなどのコミュニケーションを重視しない人も増えています。正社員で働く人が減少したため、責任に押し潰されそうになったり、処理し切れてない仕事を抱えてストレスを感じる人もいます。かつての日本は長期安定雇用や充実した社会保障に守られ安心して仕事をすることができました。

 

終身雇用のシステム自体が実質的になくなっているため、今後の見通しが立たずストレスになる方もいます。不景気のあおりで給料も上がる見通しはなく、真面目に仕事をしていても意味がないというストレスもあります。

 

 

女性が仕事でストレスをためない方法

 

最近は働く女性が増えていますが、その分仕事でストレスをためる人が多いのではないでしょうか。どうしたら女性が職場でストレスを溜めずに仕事をすることができるのでしょうか。他人の悪口や、愚痴めいたことをしょっちゅう言う人のそばにいると、そのこと自体がストレスです。

 

今まで自分では気にならなかった人の行動も愚痴を聞いているうちに自分まで気になってしまうこともあります。もしも仕事をしている時などに愚痴を言う人がいたら、できるだけその人の話に加わらないようにして、可能ならば一時的に別の部屋に行ったり、席を立つようにしましょう。

 

もしも、仕事の最中にストレスが積もってもてあましてしまったら、1人になれる場所に行って深呼吸をして、気持ちを変えましょう。深呼吸をして自分の感情を抜きに今日しなければならない仕事を頭の中で整理しましょう。何か趣味を作って仕事の後で気分を切り替えましょう。

 

何か趣味に没頭しているときには、仕事のストレスを一切忘れることができます。思いがけず楽しい趣味に打ち込めたことで、ストレスがどこかに行ってしまうという人もいます。仕事場にはどんな人でも苦手な人や嫌いな人がいるでしょう。合わない人と無理やり仲良くする必要はありません。トラブルに発展しないくらいに距離をとり、仕事が進む程度にコミュニケーションができればいいのです。仕事のストレスを感じにくくなるためには、人と人との関係を見直すことです。

 

 

仕事のストレス解消法

仕事をしていれば大なり小なりどんな人でもストレスがたまるのは当たり前のことです。仕事のストレスを上手に解消しければ心や身体に不調が出ることがあります。どんなことをすれば、仕事のストレスを緩和できるでしょう。仕事のことを考えすぎてストレスが溜まっている人がいます。

 

日中の時間を、思考、行動、リラックスの3種類に分けて、それぞれの時間はそのことだけをするようにします。あえて考え事をする時間をもうけることで、四六時中考え事をしているサイクルをやめて、気持ちを切り替えやすくしていきます。

 

同じ職場や取引先相手など人がストレスになっている場合、他人とある程度の物理的な距離をとるのがおすすめです。仕事でかかわる人とは1メートル以上離れたほうがストレスを感じないですむようです。仕事が終わってからは、仕事のことをこれ以上考えずとも済むようにして、ストレスを解消していまようにします。あまりにも仕事のストレスがたまっている人は、いったん職場から離れて本物の休憩を取るようにしましょう。

 

どうすれば蓄積されたストレスを解消できるかは知りませんが、好きなものを食べて、好きなことをして、明るい気持ちになればストレスも吹き飛びます。仕事でたまったストレスは、軽視せずにきちんと対処して、減らしていきましょう。