高収入を得られる求人の注意点

高収入を得られる求人の注意点

数ある求人の中には、高収入でありつつ、技術や経験をあまり問わないものがあります。

 

多くの場合は、仕事の内容が厳しいものが多いようです。

 

特別な技術がなければできない仕事も高収入になりがちです。

 

インセンティブ方式で給料が決まる場合、求人内容だけを見ると高収入の仕事になりそうにも見えるでしょう。

 

高収入が望める営業職の求人は、いわゆるノルマ制でかなりストレスが溜まります。

 

基本給が低く設定されており、ノルマをこなさなくては高収入にならないという場合も多いので、注意が必要です。

 

夜勤のような、勤務時間帯が特殊な求人は、日中の仕事より高収入になりがちです。

 

体調をしっかり管理しつつ、昼と夜が不規則な仕事をしなければなりません。

 

高収入の仕事は、技術や体力、努力や忍耐など一般以上に要求度が高く、長く勤めることが難しいというものが多いです。

 

求人情報の中には、高収入の仕事を探している人を誘い寄せ、甘い言葉で人をつるような悪徳商法も珍しくありません。

 

最近は高収入の在宅ワークと称して、仕事をはじめる前にパソコンやマニュアルなどを高額で購入させる手口もあり、問題となっています。

 

女性を対象にした高収入の求人の中には、一見普通の仕事と見せかけておきながら、実は風俗まがいの仕事をさせることもあります。

 

内容をきちんと把握して、高収入でも信頼性があるかを検討してください。

 

⇒ ビズリーチ転職

若者の就職支援

ニートという言葉が一般的になってかなりたちます。

 

職のない若者を支援するために、国も様々な政策を行っているようです。仕事をする意欲はあるけれど、就職先がなかなか決まらずに、家の中で引きこもってしまう人も少なくありません。

 

今後の日本を支えるために働くべき若者達に職を提供し、就労への道が開けるようにと、色々な支援を政府は実施してきています。若年層の就職支援を積極的に行っているのが地域サポートステーションです。

 

通称サポステと呼ばれており、全国に設置されています。サポステには、15歳〜39歳くらいの年齢、様々な仕事の悩みを持っている人が集まり、仕事を続ける上でのサービスを受けています。

 

若者の就職を支援していたNPC、株式会社、財団法人、学校法人などが厚生労働省から委託されてサポステを運営しています。キャリアコンサルタントのような専門的な知識を持つ人が、相談を受けています。

 

個人個人に合わせた支援メニューをつくり、就職を支援します。精神的な問題で就職が難しいという人は、カウンセリングを受けることができます。
研修やグループワークによってコミュニケーションスキル向上を支援したり、採用面接の練習なども行っています。実際に働いている人がいる場所へ行き、仕事を見て体験するという職場見学や職場体験もすることができます。

 

個別相談や、保護者とのセミナーなども開催されています。これらの就労支援は、行政サービスとして無料で受けることが可能です。サポステの支援を受けながら就職先を探すことで、就職先が見つからなかった若者に突破口があるかもしれません。