高卒で仕事に就く

高卒で仕事に就く

高卒で就くことができる仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。就職氷河期と言われて久しく、大卒でも就職が厳しいといわれている昨今です。自分に合う働き口を求めても、高卒であるために面接が通らないという人もいます。学歴社会は以前ほどではなくても健在で、その中で学歴以外のものを見ようとする企業が存在します。

 

テレビのニュースなどで聞く就職難と言う言葉は、大学生を指している場合が多く見受けられます。

 

世間の目は大学卒業者に注目し、高卒はさほど注目されていないという点もあります。高卒での就職活動は、主に学校推薦による企業への就職が多いようです。大学生のように民間の就職支援会社が関わることは、ほとんど無いようです。加えて大学生のような合同説明会が催されることもありません。

 

ほぼ高校と直結した就職活動をし、仕事を見つけることが多いようです。高卒者の就職活動では、推薦や知人の紹介、コネを使ったものでも、面接や採用試験はあります。面接が通らなければ、推薦でも採用されることはありません。事前に面接や試験に関する情報を集めて、準備をしておくことが大事です。

 

高卒の仕事探しの場合は、高校の就職担当の先生を介しての就職活動になります。自分のやりたい仕事は何か、得意なことは何かを考えた上で、担当の先生の補助を受けながら働き口を探すのが、高卒の就職活動です。

 

高卒の仕事の特徴

 

高卒の仕事の特徴についていくつか調べてみました。同じ仕事に就いた高卒と大卒の人の賃金や業務内容には、違いがあるのでしょうか。企業によっては、人事評価を賃金に反映させているようです。一人一人の人事を詳細に評価し、給与や待遇に反映させる企業は珍しくなくなっています。

 

会社全体の経営企画や部門間の課題や人材管理などマネジメントができる部分は大卒や経験者に担当させます。

 

一方、高卒者は特定の業務の専門家として、一分野を任せるといった形で仕事をしてもらう傾向があるようです。

 

仕事の内容を違えることにより、給料に差をつけるという仕組みを取っているとも言い換えることが出るでしょう。

 

仕事の内容を違えることによって、高卒者でも給料が高い仕事や転職に役立つ資格などを手に入れるチャンスが広がるとも言えます。より給与が高く、待遇のいいところで働くために、高卒者が心がけたいことは何でしょう。自分の持つスキルや経験、どういった資格を持っているかが、転職活動では重要なところといえるでしょう。

 

仕事の経験を踏まえながら、手に職をつけたり資格を取得することにより、転職活動への展望も開けます。高卒での仕事探しは難しい部分もあるかもしれませんが、資格や経験がしっかりしていれば希望の職種は十分に狙えます。