就職活動中の会社説明会でのマナー

就職活動中の会社説明会でのマナー

学生の就職活動では、会社説明会への参加が必須です。

 

会社説明会に行く時に心がけるべきこととは、一体どういったものであるといえるでしょう。

 

会社説明会は就職志望者が初めて企業と接触する場です。

 

どこで自分を見られているか分かりませんので、気を引き締めて参加することが大切です。

 

服装や髪型をセットして、会社説明会にふさわしい外見をつくります。

 

真摯な気持ちで仕事を探し、就職活動に打ち込んでいるということを相手に知ってもらう役に立ちます。

 

清潔感があり、健康的で機能的な服装を心がけましょう。

 

就職情報サイトなどには身だしなみについてのアドバイスがありますので参考にするのも良いでしょう。

 

カバンの中に入れておくものについても忘れないようにすることです。

 

会場までの地図やエントリーシート、履歴書は特に重要です。履歴書はいつ提出を求められても良いように多めに用意しておくのがおすすめです。

 

チェックリストなどを用意して、携帯電話や手帳、筆記用具等は早めに用意しておくことも必要です。

 

就職説明会では時間に遅れることがないよう、早めに着けるように段取りをして、受付をしておくことがポイントです。

 

会社側は就職活動中の人をよく見ているものです。受付ではしっかりとあいさつをして、爽やかな態度を心がけましょう。

 

就職活動の第一歩である会社説明会には真剣な態度で臨むことが大切です。

 

就職活動中に説明会で学ぶべきこと

 

学生が就職活動を行う場合、まずすべきことは会社説明会に行くことでしょう。

 

さまざまな企業と出会うチャンスでもあり、就職のきっかけをつかむ場所でもあります。

 

どのような点に関心を持って、会社説明会に行くといいものなのでしょう。

 

会社説明会とは、会社が自社について求職中の学生にアピールする場でもあるので、長所ばかりを見せてくる会社もあります。

 

良いところだけを見て就職し実際には自分に合わない会社だったいうことのないように、さまざまな角度から企業を見ることが大切です。

 

会社説明会をスムーズに運営できているかどうか、企業の力を確認するチャンスでもあります。

 

どんな人が働いているのか、会社説明会を通じて見えてくるものもたくさんあります。

 

社員の様子から社風や会社の体質などを垣間見ることができるかもしれません。

 

働きやすそうな会社か、会社の水が自分に合いそうかなどはできるだけ把握しておくといいでしょう。

 

説明会を滞りなく進めることができる会社かどうかも判断基準になります。説明会に参加した求職者との質疑応答がしっかりできているかもポイントになります。

 

きちんと質問を受け止めて誠実に回答してくれる会社かどうか見ておきましょう。

 

就職活動中に会社説明会で志望する企業がどのような会社なのかをしっかりと見極める努力をしておくことが大切です。