外国人の就職と注意点と仕事先の見つけ方

外国人の就職

就職したい外国人は多いようです。

 

不景気の波がいつまでたっても引かない日本での就職は苦労をしている人が多く、新卒者も日本に住む外国人も大変そうです。

 

日本に住み、就職先を探している外国人の中には、大学時代に留学してきてそのまま残っている人もいます。

 

就職活動をしている外国人で、会社に就職することができない人は大勢いるようです。外国人がビザを取り日本へやってきて、何とか就職先を探そうとしている人も大勢います。

 

ビザが切れると不法滞在になりますが、それまでに就職先を見つけられない人も少なくありません。

 

外国人が日本で働くためには、日本での就職先が決定し、就労ピザをもらっているというケースが大半です。

 

もしも雇用関係が終了した場合は、国に帰らなければいけないことになってしまいます。

 

働いてない状態がいつまでも続くと帰らなければならなくなる以上、急いで次の就職先を日本国内で決めなければなりません。

 

日本に滞在するために、再就職をすることが求められます。

 

日本人の場合はハローワークや人材バンクといった仕事をあっせんする機関を活用したり、就職支援を行う人材紹介会社等を通して、再就職先を決めることが多いのです。

 

一方、外国人の場合は言葉が通じない面があったり、ビザという制約もあったりと、就職活動をすること自体が困難です。

 

外国人が就職を探す場合

 

日本で就職したいと考えている外国人は、予想以上に大勢存在しているようです。

 

留学のために日本の大学に入り、卒業してからも日本で仕事をしたいという外国人もいます。

 

留学では学生ビザが発行され、学校に通っている間日本にいることができます。専門知識や日本語の学習のために日本に来ているということから、学生ビザでは就職できません。

 

あらかじめビザの期限が決められているので、期限がきた段階で速やかに帰国することになります。

 

人によっては、学校を出てからもしばらくは日本にいたいと思うようです。この場合、学生ビザが切れる前に日本国内で就職活動をすることが大事です。

 

ネットが身近な存在になったことから、この頃ではインターネットを使えば外国人の求人情報を集めやすくなっています。

 

外国人のための人材あっせん会社も最近は増えています。

 

求人サイトの中には、日本語オンリーで外国人の求人情報を載せていたりして、わかりにくいこともあります。

 

日本の企業は日本語のみで仕事を行う会社が多いようです。日本語を使った会話や読み書きが可能な状態でなければ、外国人が就職をすることは難しいのが現状です。

 

 

バイト探しなら

 

バイトルドットコム

 

外国人向けの就職

 

日本で外国人が就職するためには、自分なりのアピールがあることが重要です。

 

日本語も、母国語もぺらぺらに話せるという人ならばそのこと自体がスキルとなり、就職先も決めやすくなります。

 

通訳や語学の教師として就職したいという人ならば、日本語と、もう一カ国語を話せて、教えられることが大事です。

 

就職する際には、語学ができる人を探している会社を探します。特殊技能や免許を持っていることも、外国人の就職にはとても有利に働きます。

 

慢性的な人手不足に陥っている介護業界では、資格を持つ人を常に求めています。政府の方針で外国人の資格取得を支援しているものもあります。

 

ただし、日本の資格を取得するには日本の国家試験に通過しなければいけません。

 

ひらがな五十音、カタカナ五十音、そして二千を超える常用漢字がある他、問題文中に困難な言いまわしが多いことが試験の難易度を跳ねあげています。

 

外国人からしてみれば、日本語は独特で覚えにくいものが多いようです。よほど日本語が得意な人でない限り、日本語に頼らない業種を希望する外国人は多いようです。

 

実際問題として、日本では日本語なしで生活していきことはかなり難しいのです。少なくとも日本での就職を目指すのならば、外国人でも日本語は修得しましょう。